おむログ

大学生のゆるく気ままな雑記ブログ

大学生の間にしておいたほうがいいことは何か?

大学生の間にしておいたほうがいいことは何だろうか?

おはようございます。おむ(@Omu2308)です。

今朝こんなツイートを見つけました。

 僕も大学生になってから何度も「大学生の間にしておいたほうがいいこと」について考えてきました。

「とにかくたくさん遊べ」

「好きなことをしろ」

誰に聞いてもこんな答えが返ってきます。

正直、抽象的すぎてわけわかんない。

わかる人には、これらの言葉の意味がわかるのでしょうが、多くの人は「何言ってんだこの人」ぐらいの感覚でしょう。

それら比べると、soar編集長である工藤瑞穂さん(@mimimizuho)のツイートはとてもわかりやすいのではないでしょうか。

 

一から自分で考えたことをやってみる

 一から自分で考えたことをやる。

僕には、この言葉が強く響きました。

学生団体、サークル、イベント、ブログ、メディア運営、起業、なんでもいいと思う。

なんでもいいから、どんな小さなことでもいいから、自分で考えて一からやってみることが大切です。

例えばブログを始めて、最初に出来上がる記事は、人に見せられるようなレベルのものではないかもしれない。

けれど、自分が考えて、悩んで、迷って、書いて、投稿した記事は、必ず自分の財産になる。

自分で一から考え、行動したことによって得られるものは、何よりも大きい。

f:id:tatan08:20180511094409j:plain

とにかくやってみる

僕のポリシーです。

おもしろそうだな、とか、やってみたいな、という感じに、心が動くことは誰にでもあると思います。

それを、とにかくやってみる。

うまくいってもいかなくても、行動したことに価値がある

全ては自分次第。

自分を変えたくて、一歩踏み出したくて、悩んでる大学生に届いてほしい。

 

 

www.omu-log.com